女性の脱毛 豆知識

女性の脱毛 豆知識

脱毛に関する疑問にお答えします。

永久脱毛では、レーザーや電気針を使って毛根を破壊します。そうすることによって、その毛根からは二度と毛が生えてこないようにするんです。

 

ですので、永久脱毛はホントに永久に毛が生えてこないようになるんですが、これは医療行為にあたるので、美容皮膚科や美容外科など、医療機関でないと行えないのです。

 

脱毛エステ、脱毛サロンなどで行っているのは「減毛」という方法なので、医療行為に当たらない範囲で脱毛しています。

 

ですので、脱毛エステや脱毛サロンでは、毛の生えてくる周期を遅くする処理方法となり、いずれはまた生えてくる可能性はあります。

 

価格面でみると、脱毛エステや脱毛サロンのほうが、医療機関に比べてかなり安いです。

 

永久に生えてこないことにこだわらないのであれば、脱毛エステや脱毛サロン、確実な効果を期待するならば、医療機関での脱毛するのがいいと思います。

 

続きを読む≫ 2013/03/04 17:38:04

以下のような場合は、脱毛は控えたほうがよさそうです。脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛する場合で、不明な場合は施術前に必ず相談してください。

 

  • 日焼けをしている人
  • 妊娠中の人
  • 入れ墨のある人
  • 脱毛したい箇所に傷あとがある人
  • 脱毛当日の前後10日以内に予防接種を受けた・受ける予定がある人
  • 薬を服用していて、事前に医師の承諾を得ていない人
  • 飲酒して12時間以内の人
続きを読む≫ 2013/03/04 17:30:04

脱毛クリニックや脱毛サロン、脱毛エステでは、主に下記のような脱毛方法が一般的です。

 

ニードル式

毛穴に電子針を通して、電気を流す。毛根を焼いて、毛が生えないようにする。ただしこれは医療行為にあたるので、脱毛クリニックなどの医療機関でのみ、施術できます。

 

レーザー式

レーザー光を肌の表面にあてる。黒色、または茶色に吸収されるレーザーを皮膚に当てると、毛根や毛、周辺の組織にダメージを与え、脱毛することができる。これも医療行為にあたるので、脱毛クリニックなどの医療機関でのみ、施術できます。

 

光脱毛

光脱毛の毛がなくなる仕組みはレーザー脱毛と同じで、黒色、または茶色に吸収されるレーザーを皮膚に当て、毛根や毛、周辺の組織にダメージを与え、脱毛することができる。ただし、光脱毛の場合、レーザー式よりもパワーが弱いため、脱毛の効果も弱くなります。そのため、医療行為にあたらない範囲で施術することができます。

 

ワックス式

脱毛用に開発されたワックスを肌に塗る。毛がワックスに接着し、これを引きはがすと、毛根から毛を取り除くことができる。

続きを読む≫ 2013/03/04 17:15:04

いろんな説がありますが、戦後、1950年以降からだと言われています。

 

アメリカやヨーロッパでは、ドレスを着るのが一般的なので、ワキ毛の処理は、かなり昔から行われていたようです。

 

日本でも、戦後になって、洋服を着る習慣が広まり、肌を露出する機会も増えてきたので、ワキ毛を処理する人が増えてきたようです。

 

ノースリーブの流行がきっかけになって、わき毛の処理が一般的になったという説もあります。。

続きを読む≫ 2013/03/04 17:06:04

わきの皮膚は弱いので、わき毛は皮膚を守るために生えているんです。

 

わきは皮フが薄くて血管も近いので、その保護のために生えているんですが、現代の生活では、わきがダメージを受けることはそれほどないので、脱毛してしまっても大丈夫です。

 

抜いてしまっても、体には特に悪影響はありません。

 

逆に、わきは熱がこもりやすく汗をかきやすい箇所なので、ワキ毛があることによって、ニオイなどの原因になる可能性もあります。

 

 

続きを読む≫ 2013/03/04 16:57:04

 

この脱毛サロンがビキニライン処理で評判です。
男子で毛が気になる人は、ここのメンズ脱毛サロンがおすすめです。
うなじが毛深い女性なら、この脱毛サロンはどうでしょう。